News

PRESS RELEASE 1. 12. 2017
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社、筑波大学と特別共同研究事業を開始し、同大学内に「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」(通称 Digital Nature Group powered by Pixie Dust Technologies)を設置

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 (本社:東京都千代田区神田須田町、代表取締役:落合 陽一) は、筑波大学 (本部:茨城県つくば市天王台、学長:永田 恭介) と特別共同研究事業を開始しました。これに伴い、デジタルネイチャー研究室をアップデートし、平成29年12月1日、「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」 (通称 Digital Nature Group powered by Pixie Dust Technologies) を筑波大学内に設立しました。また弊社代表取締役、落合 陽一が筑波大学助教を退職し、本基盤の基盤長/准教授として改めて筑波大学に着任したことを報告します。
特別共同研究事業は、企業等からの資金を原資に企業等の研究者を雇用して筑波大学内の研究者とともに研究グループを構築し、双方が対等の立場で共通の課題について共同して研究を行うことによって、優れた研究成果を産み出すとともに社会貢献を促進する産学連携制度です。

▪特別共同研究の概要

【名称】デジタルネイチャー推進戦略研究基盤
【目的】コンピュータによる実世界コントロールに関する各種要素技術を確立し、計算機自然 (デジタルネイチャー) の到来を加速させる。
【内容】音や光などあらゆる波動のコントロールを行う技術をベースとし、また市場ニーズに根差した、空中音源/映像等のホログラム技術による生成、デジタルファブリケーション、およびそれを応用した各種派生技術の基礎・および応用研究、社会実装。
【研究担当者】逸村 裕(筑波大学・図書館情報メディア系・教授)、落合 陽一(ピクシーダストテクノロジーズ株式会社・代表取締役)

 
 

▪ピクシーダストテクノロジーズ株式会社のミッション

IoT 時代を迎え、様々な道具がインターネット化し、ガジェットが生活の中にあふれています。我々はそういったモノ中心の IoT の在り方でなく、End to End の社会実装、人口減少や高齢など社会問題や企業のイノベーション開発の問題に具体的な解決策を打ち込み、計算機自然 (デジタルネイチャー) のビジョンを描くためにこのプロジェクトを立ち上げました。
コンピュータが自在に操作できる「場」や「空間」が問題を解決し、体験を向上させる、我々はそのため音、光、電波あらゆる波の合成技術、物性についてのデジタルファブリケーション技術や AI 技術を用いて制御し人類社会の貢献に努めていきます。社名の “Pixie Dust Technologies” とは直訳で「魔法技術」を意味し、魔法のように生活に溶け込むコンピュータ技術を開発していくことを表しています。

 
 

▪代表取締役略歴

落合陽一 Yoichi Ochiai
1987年生まれ、2015年東京大学大学院学際情報学府博士課程早期修了、博士 (学際情報学)。その後、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社創業、フェーズドアレイ技術やデジタルファブリケーション技術の開発に関わる。2015年より筑波大学図書館情報メディア系助教 デジタルネイチャー研究室主宰。2017年よりピクシーダストテクノロジーズ株式会社と筑波大学の特別共同研究事業「デジタルネイチャー推進戦略研究基盤」基盤長/准教授。機械知能と人間知能の連携について波動工学やデジタルファブリケーション技術を用いて探求。2015年より、一般社団法人未踏 理事、一般社団法人バーチャルリアリティコンソーシアム理事。2017年より筑波大学 学長補佐、大阪芸術大学客員教授、デジタルハリウッド大学客員教授。受賞歴として、IPA認定スーパークリエータ・天才プログラマー (2010年)、ワールドテクノロジーアワード (2015年)、プリアルスエレクトロニカHonorary Mention (2016年)、グッドデザイン賞 (2014年、2015年)、経済産業省Innovative Technologies賞 (2014年、2015年、2016年)、ザンガレンシンポジウム 明日のリーダー200人、ベストナレッジプール40人に選出 (2017年)、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品:アート部門/エンターテイメント部門 (2017年) など。

 
 

▪本件に関するお問い合わせ先

企業名:ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
担当者名:落合陽一、村上泰一郎
Email:info@pixiedusttech.com