新型コロナウイルスの
予防から改善・事後対応まで
ワンストップ

感染症対策BCPソリューション

magickiri

SCROLL

感染症対策BCPソリューション
「magickiri」とは

magickiri(マジキリ)は感染症対策BCPソリューションです。ニューノーマル時代の事業活動継続のために新型コロナウィルス感染症(COVID-19)を始めとする感染症の予防から改善・事後対応までをワンストップでサポートします。

三密を避けたオフィスや店舗を実現したい

気流シミュレーションによるプランニングで、感染症リスクが低い環境を実現します。

従業員が感染したときの影響を減らしたい

モニタリングにより、感染者発生時の事業停止に伴うダメージを最小化します。

常に最新の基準に沿った感染症対策を実施したい

最新の研究、取得データから、企業のそれぞれの環境に即した安全基準を常にアップデートします。

magickiri は気流シミュレーションで感染症リスクが低い空間を設計する Planning、専用デバイスで人の行動をモニタリングし、感染症リスクを分析するMonitoring の2つの機能に分かれています。目的に合わせて2つの機能を組み合わせることで、さまざまなユースケースに対応します。

屋内の空気の流れを可視化し、適切な感染症対策を提案

人の行動をモニタリングして感染症リスクを分析

ユースケース

建設現場

建設現場に magickiri を導入。作業員同士の距離を magickiri Monitoring の専用デバイスで計測し、アラートで未然に濃厚接触を防止することで感染リスクを低減。感染リスクは専用のダッシュボードで現場ごとに数値化・可視化し、作業の工程や人員配置を変更することで、感染症安全な現場を実現。

オフィス

オフィスに magickiri を導入。既存のオフィスを magickiri Planning の気流シミュレーションで分析。分析結果をもとにパーティションレイアウトの変更やサーキュレーターの設置をおこない感染リスクを低減。magickiri Monitoring の専用デバイスで社員同士の濃厚接触を計測し、濃厚接触の多い社員を特定して、注意喚起や出社スケジュールの調整を実施。

工場

工場に magickiri を導入。現場を magickiri Planning の気流シミュレーションで分析したうえで、従業員に magickiri Monitoring の専用デバイスを携帯してもらい、濃厚接触の多い時間帯と人を特定。magickiri で得た情報をもとにシフトを調整することで、全体の作業員数を大幅に減らすことなく感染リスクの低減を実現。

店舗

Magickiri Planning で気流シミュレーションでバックヤードを含めたエリアごとの感染リスクを分析。分析結果をもとに席配置の変更やサーキュレーターの設置、適切な換気をおこない感染リスクを低減。

magickiri の機能

Planning

屋内の空気の流れを可視化し、適切な感染症対策を提案

職場や店舗、劇場などでクラスターの発生を抑えるため、換気量の増加や仕切り板の設置などが推奨されていますが、適切に対策を取らないと実は部屋の一部しか換気されていなかった、飛沫が仕切り板を回り込んでいた、ということになりかねません。部屋全体の空気の流れを把握・可視化し、最適なレイアウトや換気対策を提案します。

専門家と共同で独自の感染リスク度の判断基準を作成

感染症対策の専門家と共同で独自の感染リスク度の判断基準を作成し、この基準を用いて人の呼気の流れのシミュレーション結果から感染リスク度を診断します。さらに感染リスク度を抑える改善策を提案し、withコロナにふさわしい部屋の設計をサポートします。

Monitoring

人の行動をモニタリングして感染症リスクを分析

magickiri Monitoring では、専用のカード型デバイス、もしくは Android 用アプリで従業員の行動をモニタリングし、濃厚接触者などを特定することで、感染リスクを未然に発見します。また、感染発覚時には過去の行動データを照会することで濃厚接触者を特定し、事業停止範囲を最小化することができます。

magickiri 専用デバイス・Androidアプリケーション

magickiri Monitoring では、専用デバイスの magickiri Card、または専用アプリケーションをインストールしたAndroidスマートフォンを利用します。専用デバイスまたはAndroidスマートフォンを携帯している従業員同士の行動データはインターネット回線を通してクラウド上のデータベースに記録されます。magickiri Card は一般的なカードホルダーに収納できるサイズで、日常的に携帯していても邪魔になりません。

magickiri Monitoring では、リアルタイムに従業員同士の距離を計測し続けます。濃厚接触が予測されるときにデバイスがアラートを発信し、未然に防止することができます。

magickiri ダッシュボード

適切な感染症対策の実施には、感染リスクの高い場所や人を特定する必要があります。magickiri Monitoring では、行動データを専用のダッシュボードで日ごと・人ごとの濃厚接触回数や統計的な指標として閲覧することができます。管理者はこれらの情報をもとに感染症対策を実施することができます。

感染発覚時のダメージの最小化

従業員の感染が発覚した場合には、事業停止に伴うダメージを少なくすることが重要です。magickiri では、行動データを利用して濃厚接触者を特定します。管理者はこれらの情報に基づいて出勤停止や施設の消毒を行うことで、感染者発生時のダメージを最小限にすることができます。

報告書作成支援

従業員の感染が発覚した場合には、保健所へのエビデンスの提出が必要になる可能性があります。magickiri Monitoring では、濃厚接触者を証明するために必要な行動データを収集・出力することで、感染者とその濃厚接触者に関する報告書の作成を支援し、感染発覚時の業務を削減します。

最新の科学的知見にもとづく
継続的なアップデート

感染症に関する科学的知見やデータは常にアップデートされています。これらの情報を常に収集し、感染症対策に活かすには多大な労力と時間が必要です。magickiri では最新の研究結果とmagickiri上で取得された行動データを専門家の助言のもと判断基準やアルゴリズムに反映し、Planning・Monitoringのシステムを継続的にアップデートします。magickiriを利用することで、感染症に関する情報収集に労力を割くことなく、最新の科学的知見やデータに基づいた感染症対策を実施することができます。

アドバイザー

佐藤 昭裕

Sato Akihiro

KARADA内科クリニック 院長

日本感染症学会専門医。医学博士。

コメント

ピクシーダストテクノロジーズの対策は網羅的かつ合理的だと思います。感染症の主要な感染経路は「接触」「飛沫」「空気」であり 、ピクシーダストテクノロジーズの「ソーシャルディスタンス」「濃厚接触者の発見/隔離」「換気」はこれに的確に対応しています。院内感染症対策は医療従事者個人の努力に依存しており、テクノロジーでサポートできるピクシーダストテクノロジーズのソリューションは有効です。

武藤 剛

Muto Go

北里大学医学部衛生学(講師)

コメント

ピクシーダストテクノロジーズが目指す「人類未知の新たな環境リスクに対する空間安全の見える化と、そこで活動する人々への安心の提供」というソリューションは、with COVID19時代における新しいSDGsの実装といえます。医療施設/介護施設/商業施設/教育施設/オフィス環境など、人々が繋がりを維持しながら、働き暮らし生活するあらゆる空間で必要とされるものです。

CEO メッセージ

落合 陽一

Ochiai Yoichi

我々PXDTは視聴触覚に関わる入出力インタフェース技術やそれに付随する空間認識・デジタルトランスフォーメーションに関わる技術領域を主として、今日まで研究開発及び社会実装を行って参りました。我々の社会生活を新しい日常に適応させるために、我々の持つデジタル技術を用いて貢献できることはないか、感染症の蔓延と共に歯痒い思いをしながら、応用を模索する日々の中数ヶ月耐え忍んでまいりました。このたび、withコロナ時代において我々の技術シーズがこういった形で社会実装され、社会貢献につながる契機を頂けることはまたとない僥倖であり、さらなる技術開発と課題解決に向けて邁進していきたいと考えております。

お問い合わせ

magickiriの導入や料金、取材に関するお問い合わせはこちら