Pixie Dust Technologies, Inc

NEWS

研究拠点新設にあたり、茨城県から補助金の認定を受けました

このたび、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(代表取締役 落合陽一、村上泰一郎)は筑波新拠点(仮称)の新設計画について茨城県から補助金の認定を受けましたので、お知らせします。

これに伴い、当社独自のコア技術である「HAGEN 波源」(波動制御技術)から生じる要素技術や応用技術を適用することによる現場の課題解決に向けた研究開発や、アカデミアで産まれた知を社会実装 ― リアルな課題をコンピュータテクノロジーで解決 ― していく好循環を、さらに加速度を上げて体現してまいります。

■茨城県での事業実施の経緯について
当社では、空間把握をベースとして、当社独自の波動制御技術を用いた人とのインターフェースの制御やロボット・空間の制御により、問題解決、体験向上を行うことを得意としております。当社技術の実証実験をするためには、都内では確保が難しい“縦横に広く天井の高い空間”が必要であり、さらなる事業拡大に向けた研究フィールドの新設候補地を茨城県を含むいくつかの県において探していました。その際に、茨城県から県内の複数の候補地を提示いただくと同時に、補助金の提案など県からの強いアプローチをいただき、茨城県での事業実施を決定いたしました。

■今後の展開
現在も代表の落合が准教授を務める筑波大学の研究室と連携して技術開発を実施していますが、筑波新拠点設置後は、筑波大学の他にもつくばの研究機関等とも連携強化を進めていきたいと考えています。また、今回の移転により地元大学や工業高等専門学校の卒業生のほか、県内在住の製造業エンジニア等の雇用も計画しております。

戻る
©2017-2019 Pixie Dust Technologies, Inc.