Pixie Dust Technologies, Inc

NEWS

「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択されました

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:落合 陽一、村上 泰一郎)は、東日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長:深澤祐二)とJR東日本スタートアップ株式会社(代表取締役社長:柴田裕)が開催するベンチャー企業や優れた事業アイディアを有する方々との協業によるビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム2019」に採択されましたので、お知らせいたします。

当社は「人類と計算機の共生ソフトウェア基盤を構築する」を経営理念として、アカデミアで産まれた知を連続的に社会実装していくことを目指しており、スマートフォンやタブレットでは解決することができない高齢化した現場や屋外での作業環境等で生じる様々な社会の課題を解決するために、当社独自の「HAGEN 波源」(波動制御技術)から生じる要素技術や応用技術を適用することによって、その解決に向けた研究開発を推進しています。 今回のプログラムへの採択により、大学発・先端テクノロジーを駅や車両をはじめとするJR東日本グループが持つ現場に実装することで、顧客価値向上や現場の課題解決を目指してまいります。

「JR東日本スタートアッププログラム」とは

ベンチャー企業や様々なアイディアを有する方々から、駅や鉄道、グループ事業の経営資源や情報資産を活用したビジネス・サービスの提案を募り、ブラッシュアップを経て実現していくプログラムです。2017年度に初めて開催し、これまでに計42件の提案を採択。鉄道事業やIT事業など幅広い分野の実証実験を行い、一部の取り組みは実用化にいたりました。なお、内閣府主催の2018年度 第1回日本オープンイノベーション大賞で経済産業大臣賞を受賞しました。

第三回目となる今回のプログラムについて

さらなるオープンイノベーションを推進するため、JR西日本・JR九州グループと連携する「エリア拡大」、新潟市の資源を活用する「地域連携」、国際交流拠点を目指す新駅「高輪ゲートウェイ駅」の開業を見据えた「グローバル」の3つのフィールドが新たに設けられました。2019年4月から参加が募られ、合計262件の提案の中から21件が採択されました。

JR東日本スタートアップ株式会社とは

JR東日本スタートアップ株式会社は、JR東日本グループとスタートアップ企業との共創を推進するコーポレートベンチャーキャピタルです。
所在地:東京都新宿区西新宿1-1-6 12SHINJUKU 1201
代表者:代表取締役社長 柴田 裕
株 主:東日本旅客鉄道株式会社(100%)
設立日:2018年2月20日
出資枠:50億円
連絡先:E-mail info@jrestartup.co.jp
    ホームページ http://www.jrestartup.co.jp

戻る
©2017-2019 Pixie Dust Technologies, Inc.