Pixie Dust Technologies, Inc

NEWS

連続的な社会実装を目指す共同研究の基本契約を締結
東北大学発先端技術による社会課題解決へ

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 落合陽一、村上泰一郎)と国立大学法人東北大学(所在地:宮城県仙台市、総長 大野英男 以下「東北大学」といいます)は、東北大学発の先端テクノロジーを社会課題解決に繋げていくことを目指し、新たな技術移転スキームによる共同研究の基本契約を締結しましたので、お知らせいたします。

東北大学発の研究成果をスピーディに社会実装する仕組みづくり

大学の研究成果を事業化する際には、特許出願やノウハウ秘匿など知財面のケアが重要です。加えて、大学と企業の共同研究においては、発明をはじめ研究成果に関する権利交渉や契約条項の調整、両当事者における意思決定手続きなどの煩雑な作業に時間がかかってしまうといった事態がしばしば生じます。

そこで本共同研究においては、東北大学の技術シーズを連続的かつスピーディに利用できるよう、共同研究成果及びその知的財産の100%を当社に予約承継する新たな技術移転スキームを構築します。これにより、共同研究実施における権利交渉や意思決定手続きの円滑化・迅速化を可能とします。

今後は、東北大学のハード系先端技術と当社のソフトウェア技術を掛け合わせ、社会課題解決につながる「空間情報化」技術を開発していきます。新たなスキームを取り入れた共同研究により、東北大学で研究された技術シーズを、当社がスピード感をもって地方自治体や企業と連携して社会実装することで、様々な社会課題の解決を目指してまいります。

国立大学法人東北大学について

1907年の建学以来、「研究第一」、「門戸開放」、「実学尊重」の理念のもと、多くの指導的人材を輩出し、世界的に卓越した研究成果をもって人類の知の地平を拡大し、さらには未来社会へ向けた変革・イノベーションを先導してきました。2017年6月には、世界最高水準の教育研究活動の展開が見込まれる「指定国立大学法人」の最初の三校に指定されました。 また、2018年11月に策定した「ビジョン2030」では、教育・研究・社会連携の好循環を実現し、社会とともに成長する大学として、最先端の創造と大変革への挑戦を表明しております。
※ホームページ:https://www.tohoku.ac.jp/japanese/

戻る
©2017-2019 Pixie Dust Technologies, Inc.