Pixie Dust Technologies, Inc

NEWS

ピクシーダストテクノロジーズと東京建物が共同で 新型コロナウイルス(COVID-19)感染リスクが低いフロアプランを提供
オフィスビルでピクシーダストの感染症対策ソリューションmagickiri™(マジキリ)を活用

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:千代田区、代表取締役:落合陽一、村上泰一郎、以下「PXDT」)と東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均 以下「東京建物」)とは、この度、新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、東京建物のオフィスビルへPXDT独自の感染症対策BCPソリューション「magickiri™(マジキリ)」を導入することについて合意しましたので、お知らせします。

今回の取り組みでは、東京建物が本社をおく「東京建物八重洲ビル」の一部において、まずmagickiri™を導入したうえで、東京建物が現在開発中のオフィスビルで感染リスクの低いフロアプランを提案し、入居されるお客様の「withコロナにふさわしいオフィスづくり」をサポートすることを予定しています。

magickiri™ Planning(プランニング)を導入予定の東京建物八重洲ビル

「magickiri™」について

「magickiri™」は、「Planning(プランニング)」と「Monitoring(モニタリング)」という2つの機能を持つ、BCPソリューションです。オフィスや店舗、建設現場などのワーキングプレイスにおいて、感染症への安心・安全性を高めリスクを抑えることができます。
特に、今回導入しオフィスプラン提案に活用するPlanning機能は、PXDTが建物の3次元/エアフローデータ等を計測・収集し、シミュレーションを行い、空間内感染リスクを診断し、その対応策まで提案するものです。また、Planningの際には、過去の感染事例や感染症専門家の知見も取り入れて作成した独自の指標を利用します。このPlanning機能によって、これまで各事業者が自主的に判断せざるを得なくなっていた「何の感染症対策をどこまで実施すべきか」を科学的に判断することが可能になりました。Planning利用企業は、内装レイアウトや換気対策、具体的には、換気口や排気口、座席や間仕切りの配置や換気設備などの改善を実施することができます。

「magickiri™ Planning(プランニング)」

もう一つの機能であるMonitoring機能では、従業員同士のソーシャルディスタンスを測定及びデータ化し、その状況を可視化して改善策を打つことで、感染発生時の事業への影響の最小化しようとするものです。

従業員は、カード型の専用端末か専用アプリの入ったスマートフォンを携帯するだけで、magickiri™ Monitoringが接触状況を常時監視。濃厚接触基準に抵触しそうになるとアラートが発信されるので、濃厚接触の未然防止を容易に行うことができます。

管理者は、パソコンやタブレットを通じて接触記録をほぼリアルタイムに、又は過去にさかのぼって、従業員ごと、日時ごとに閲覧できるので、実際に濃厚接触が発生した「場所や人や出来事」のデータに基づいた、ソーシャルディスタンス維持のための的確な改善策を実施することができます。感染者が発生した場合は、記録から正確かつ迅速に濃厚接触者を特定することができるので、PCR検査対象者の範囲の決定や感染者の拡大抑制、出勤停止者の特定(事業停止範囲の明確化)等を同時に実現でき、また保健所への報告も円滑に行うことができます。

「magickiri™ Monitoring(モニタリング)」

「magickiri ™」の今後の展開について

今後も様々な産業へ、「magickiri ™」を実装することで、感染症流行下においても、安心・安全に経済活動が行える社会の実現を目指します。

「magickiri™」 公式サイト
https://pixiedusttech.com/magickiri/

戻る
© Pixie Dust Technologies, Inc.