Pixie Dust Technologies, Inc

NEWS

2020年のスタートアップ×知財のベストプレイヤー を表彰する「第2回IP BASE AWARD」でスタート アップ部門のグランプリを受賞

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:千代田区、代表取締役 落合陽一、村上泰一郎、以下PxDT)は、特許庁が運営する知財コミュニティポータルサイト「IP BASE」が開催した、2020年のスタートアップ×知財のベストプレイヤーを表彰する「第2回IP BASE AWARD」のスタートアップ部門でグランプリを受賞しましたので、お知らせいたします。

受賞理由

応募時点での特許出願件数は、スタートアップとして圧倒的な数字であり、また戦略的に出願がなされている。さらに同社の知的財産部門は「IP&Legal ファンクションチーム」として権利化実務だけでなく、契約実務もセットで対応することで契約から得た学びを権利化実務に還元し、先々の権利化の方針を契約にも反映させている。審査では、このような知財をてこにした大企業とのオープンイノベーションに積極的な取り組みや、特許とビジネスモデルとが直結していることから、評価観点の『知財戦略構築』についてとりわけ高く評価された。また、知財戦略構築のための体制作り(評価観点の『社内知財構築体制』)についてもとりわけ高く評価された。

知的財産に関する取組

PxDTは、知的財産を経営課題の1つとして捉えており、創業初期から社内弁理士を採用し、特許出願・商標登録出願等を積極的に進めてまいりました。2018年の資金調達以降は、多種多様なプロジェクトが同時進行で進む傍ら、事業に関わる知的財産を創出・保護・活用すべく、権利化業務にとどまらず、契約交渉業務、社内体制構築業務、と守備範囲を広げております。2020年には、知的財産部門の名称を「IP&Legal ファンクションチーム」に変更し、事業本部に籍を移すことで、事業部隊とタッグを組み、知的財産業務を行っております。
今後、研究開発型スタートアップ企業として、より戦略的な知的財産業務を行い、スタートアップ×知的財産の成功事例を確立していきます。

IP BASE AWARDについて

■概要
特許庁が運営している、スタートアップに不可欠な知財戦略に関する基礎知識や支援施策、イベントなどの最新情報を集約した知財コミュニティポータルサイト「IP BASE」が開催。スタートアップ部門、知財専門家部門、エコシステム部門の各部門で、知財全般に関する取り組みにおいて、意欲・先進性・注目度などの観点からめざましい取り組みをした個人・組織を表彰。各部門受賞者は、IP BASEユーザーへのアンケート実施により選ばれた自薦他薦を問わないアワード候補から、選考委員会により選定。

■選考委員会
・弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー弁護士・弁理士 鮫島正洋氏(委員長)
・IPTech特許業務法人 代表弁理士・公認会計士 安高史朗氏
・グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長 百合本安彦氏
・SBIインベストメント 執行役員 CVC事業部長 加藤由紀子氏

■特許庁運営 「スタートアップ×知財戦略」のためのポータルサイト IP BASE
https://ipbase.go.jp/

戻る
© Pixie Dust Technologies, Inc.