Pixie Dust Technologies, Inc

NEWS

東京電力のオープンイノベーション空間においてmagickiriを導入
安心安全な共創空間作りをサポート

概要

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:千代田区、代表取締役:落合陽一、村上泰一郎、以下「PxDT」)と東京電力ホールディングス株式会社(本社:千代田区、代表執行役社長:小早川 智明、以下「東京電力HD」)は、この度、新型コロナウイルス(COVID-19)対策として、東京電力HDの経営技術戦略研究所内のイノベーションスタジオ(神奈川県横浜市)でPxDT独自の感染症対策BCPソリューション「magickiri™(マジキリ)」の導入をしましたので、お知らせします。
今回の取り組みでは、東京電力HDのイノベーションスタジオ において、magickiri™を導入し、感染リスクの低いレイアウトを提案し、東京電力グループの従業員や来訪者に安心して共創空間を利用していただくサポートをしております。また、magickiri™を通じて空間利用者にソーシャルディスタンス確保を促して感染拡大を未然に防止するとともに、万が一陽性者が発生した場合でも濃厚接触者を特定し、影響を最小限にするための支援も行っております。

東京電力のイノベーションスタジオ(神奈川県横浜市)

「magickiri™」について

magickiri™は、「Planning(プランニング)」と「Monitoring(モニタリング)」という2つの機能を持つ、BCPソリューションです。オフィスや店舗、建設現場などのワーキングプレイスにおいて、感染症への安心・安全性を高めリスクを抑えることができます。

Planning機能は、PxDTが建物の3次元/エアフローデータ等を計測・収集し、シミュレーションを行い、空間内感染リスクを診断し、その対応策まで提案するものです(下記詳細のご紹介動画)。



■magickiri™ Planning You Tubeはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=kOmAHfx5hPA


Monitoring機能では、従業員同士のソーシャルディスタンスを測定及びデータ化し、その状況を可視化して改善策を打つことで、陽性者発生時の影響を最小化する支援をいたします。利用者にカード型の専用端末、又は専用アプリの入ったスマートフォン(Androidに対応)を携帯していただくのみで、利用者の濃厚接触状態の常時監視が可能です。

また、今回の取り組みでは、Monitoring機能の新たな要素として、空間内の利用者の接触状態をリアルタイムで可視化をする機能を実装いたしました。これにより、リアルな現場においてもソーシャルディスタンスの啓蒙が可能となり、利用者の行動変容を促し、未然の感染防止を支援することが可能となります。セミナー等において、不特定多数の利用者に対して、複雑な操作や登録作業なく接触状況のモニタリングが可能です。

リアルタイムのソーシャルディスタンス啓蒙機能

取り組み内容

東京電力HDのイノベーションスタジオでは、既に様々な感染症対策が講じられておりましたが、より安全な屋内環境を実現するため、magickiri™ Planningを導入し、科学的・客観的な見地から分析を行いました。

magickiri™ Planningによる改善提案の一例

その結果、より安全性の高いレイアウトをご提案することが出来ました。

また、東京電力HDのイノベーションスタジオでは、magickiri™ Monitoringを導入し、利用者の接触状況に応じたリアルタイムのソーシャルディスタンス啓蒙機能が実装されております。当該機能を通じて、イノベーションスタジオ内の利用者に行動変容を促し、より安全に空間を利用いただく支援をしています。さらに、万が一陽性者が発生したとしても、magickiriにより濃厚接触者を特定することが出来るため、影響を最小化することにも貢献しております。

リアルタイムのソーシャルディスタンス啓蒙機能の利用イメージ

* magickiriは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標です。
* Androidは、Google LLCの商標または登録商標です。

「magickiri™」 公式サイト
https://pixiedusttech.com/magickiri/

戻る
© Pixie Dust Technologies, Inc.