NEWS

ピクシーダストテクノロジーズの感染症対策BCPソリューション「magickiri™ CO₂」を八重洲・日本橋・京橋の飲食店舗へ試験導入
~東京建物と飲食店舗の共同実証実験~

アカデミア発技術による社会課題解決に取り組むピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:落合 陽一、村上 泰一郎、 以下「PxDT」)と東京建物株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役 社長執行役員:野村 均、以下「東京建物」)は、PxDTが開発した感染症対策CO₂センサーソリューション「magickiri™ CO₂」を八重洲・日本橋・京橋の、本件実証実験への参加を了承いただいた複数飲食店舗へ試験導入し、共同の実証実験を開始しましたのでお知らせします。

実証実験の概要

1.背景と目的
新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が全国的に解除され、行動制限も段階的に緩和し、飲食店等を利用する方も増加しています。内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室は再拡大防止のための日常生活のあり方として換気がよいお店の選択を促すなど、飲食店等における換気の注目度が高まっています。そこで、店舗を運営される皆様や店舗を利用されるお客様が換気状況を目で確認でき、室内の換気状態を適切に維持できるなど、運営・利用者双方の安全・安心に繋がる施策を構築するため、本実証実験を実施することとしました。

2.内容
①「magickiri™ CO₂」による店内換気状況の可視化
今回、八重洲・日本橋・京橋の複数の飲食店舗に実験協力いただき、その店舗内に「magickiri™ CO₂」を試験導入します。「magickiri™ CO₂」は、室内の換気状態を適切に把握でき、簡単に使えるCO₂センサーソリューションです。機器をコンセントに挿すだけで簡単に使用でき、CO₂濃度の表示を含め、換気の状況を分かりやモニターに表示するほか、「magickiri™」※1の開発過程において得られた感染症対策の知見によって、専門家の監修のもと感染リスクを評価する独自指標も定めています。
※1 「magickiri™」は空気の流れを可視化し、感染リスクの評価・改善策の提案を行うPxDTの感染症対策BCPソリューションです。

②アンケート調査
実証実験に協力いただいた飲食店を利用されたお客様に、「magickiri™ CO₂」により換気の状況が可視化されていることで実際に安心して飲食できたのか等をアンケートにて伺います。そのアンケート結果等を分析し、今後、飲食店舗の支援にどのように活かしていくのか等の検証を行います。

今後の展開について

本件実証実験を通じ「magickiri™ CO2」がコロナ禍により集客に苦労する飲食店舗の支援に繋げると確認でき次第、東京建物のビル事業の商品企画等に活用してまいります。

店内の換気状態が一目で確認できる画面
店内に設置された換気モニター

magickiri™ CO₂について

magickiri™ CO₂ Cloud

magickiri™ CO₂は換気状態を適切に監視し、安全性をアピールできる感染症対策CO₂センサーソリューションです。専門家監修の感染症リスク評価を、誰にでもわかりやすい3段階の色付き表示で換気状態を周知できますので、CO₂濃度の数値に詳しくない方やお子様にも安心です。また、CO₂センサーは設定済みの状態でお届けしますので、設定不要でコンセントにさすだけですぐに簡単に使えます。

小規模オフィスや店舗に適した「スタンドアロン」型、大規模導入・中央管理ニーズに対応した多数のCO2センサーを一括で管理できる「クラウド」型の2つのサービスパターンにて提供しています。

magickiri CO₂サイト:https://magickiri-co2.com/

* 「ピクシーダストテクノロジーズ」、「magickiri」、及び関連するロゴは、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標又は登録商標です。

戻る
© Pixie Dust Technologies, Inc.