NEWS

ピクシーダストテクノロジーズ、「相鉄アクセラレータープログラム2021」に採択
~すべての人が安心・快適に利用できる意思疎通環境の実現を字幕技術でサポート~

ダイバーシティ&ヘルスケア領域での研究開発と事業化に取り組むピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:千代田区、代表取締役 落合陽一、村上泰一郎、以下「PxDT」)は、相鉄ホールディングス株式会社(本社:横浜市西区 社長:滝澤 秀之)が実施する、スタートアップ企業と協業しイノベーションエコシステムの構築を目指す「相鉄アクセラレータープログラム2021」に採択されました。
「相鉄アクセラレータープログラム2021」は、2021 年10 月28 日から「みんなが笑顔になるくらしを、移動を、そして未来を、想像以上に創造する」をテーマに開始したもので、横浜市域を拠点に事業展開をする相鉄グループの多様かつ豊富な経営資源と、スタートアップ企業の持つ新しいアイデアやテクノロジーに加え、斬新なアプローチやノウハウを活用し、地域や社会課題の解決につながる新しい価値の提供やサービスの創出を目的に実施されています。本プログラムでは101 件の応募の中から11 社のスタートアップが採択されました。

概要

採択にあたっては、スタートアップ企業との共創案における「新規性」、「親和性」、「実効性」および「将来性」の4つの軸で総合的に評価されました。
PxDTは「すべての人が安心・快適に利用できる意思疎通環境の実現を字幕技術でサポート」をテーマに、おおよそ3カ月の期間をかけて相鉄グループと順次実証実験を進めてまいります。

戻る
© Pixie Dust Technologies, Inc.