Pixie Dust Technologies, Inc

Pixie Nest™(ピクシーネスト)とは、ピクシーダストテクノロジーズによる、先端技術の社会実装による課題解決と価値創出をさらに課題ドリブンで加速させるコンソーシアムサービスです。

Pixie Nest

ピクシーダストテクノロジーズは、社会ニーズと先端技術のブリッジャーとなることで、課題解決や価値創出を推進してきました。

Pixie Nestでは、今までピクシーダストテクノロジーズが独自に進めていた取組を拡張し、Pixie Nestのコンセプトに共感/共鳴してくれるパートナーと連携しながら、技術の連続的社会実装を実現する仕組み を構築することで、事業/業界/社会の課題解決と価値創出をより加速させることを目的としています。

Members

Core Members

Supporters

※ 2019/5/31 時点, 五十音順
※ 社名公開の許諾頂いた企業のみを掲載しています。

Kick-Off Forum Report 2019. 5. 31 (Fri.)

Pixie Nest設立にあわせ、2019年5月31日に、キックオフフォーラムを開催し、参加組織の交流を行いました。

Guest Speakcer

Opening Talk Taiichiro Murakami

オープニングトークとして、弊社COO 村上が、Pixie Nestの設立の経緯や狙い、当日ご出席いただいた協賛企業の紹介を行い、また、「ピクシーダストは「アカデミック発の知を連続的に社会実装する仕組みを作る」会社であり、ピクシーネストはこの取組を拡張したもので、パートナー組織と連携しながら、さらに課題ドリブンで加速させる」と語った。

KEYNOTE-1 Yoichi Ochiai

弊社CEO 落合からは、具体的に、日本が直面している社会課題や、それら課題に対してのピクシーダストテクノロジーズによる取組(SOUND HUG プロジェクト等)が紹介された。また、ピクシーダストテクノロジーズが大事にしているアプローチとして、アカデミックな研究と現場の課題を近づけること、それをエンジニアがクイックなプロトタイピングのPDCAを回すこと、これらを一気通貫にして、課題を解くことの重要性を語った。

KEYNOTE-2 Kazuto Ataka

安宅様のキーノートは、日本の産業/科学技術の競争力の低下と、その原因としてのR&D投資の少なさについての問題定義から始まり、「①未来にかけられる国になっていない」、「②必要な人材が全く刷新されていない」、「③都市セントリックな未来以外の選択肢を生み出せていない」という三つの切り口で、その要点を語られた。最後に、「僕らはどんな未来をこれからの世代に残したいのか?」という問い掛けと共に、「Pixie Nestを通して多くの未来が作られることを期待している」との声援をいただいた。

PANEL DISCUSSION

Ataka Kazuto, Yoichi Ochiai, Syoko Takahashi, Yutaka Matsuo

落合、安宅様に加え、高橋祥子様(株式会社ジーンクエスト 代表取締役、株式会社ユーグレナ 執行役員バイオインフォマティクス事業担当)及び松尾豊様(東京大学大学院 工学系研究科 教授)を交え、「テクノロジーの社会実装による課題解決と価値創出」というテーマのパネルセッションを開催しました。学術界、産業界、の両方で活躍する4名の実体験に基づく、生々しい話に会場は大いに沸きました。「起業マインドはどうして生まれるのか」、「テクノロジーで成功するために重要な素質や要素は何か」、「適度なプレッシャーの中で能力を発揮させる環境が重要である」といった濃密なディスカッションがノンストップで展開された。

NETWORKING PARTY

「Pixie Nest」及び「Pixie Nestロゴ」は、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社の商標です。

Copyright Pixie Dust Technologies, Inc. All Rights Reserved.