Pixie Dust Technologies, Inc

TECHNOLOGY

Fairy Lights in Femtoseconds Fairy Lights in Femtoseconds

JAPANESE ENGLISH

「Fairy Lights」はプラズマ発光を利⽤して空中に描画する、触れる空中映像です。

■Case1
触覚フィードバックのある空中ユーザーインターフェース

■Case2
360度どの⽅向からでも映像が⾒える空中映像ディスプレイ

■ Case 1
User interface in air with tangible feedback.

■ Case 2
Display in air enabling images to be viewed from any direction, covering 360°.

< 原理 >

< Theory >

■レーザープラズマ
空気中に強⼒なレーザーの焦点を作ることにより、プラズマが発⽣して光を放つ現象が知られています。 ガルバノミラーで⾼速に焦点を⾛査したり、SLMで同時に複数の焦点を作ることで、線や⾯を描くことができます。 発光によって描かれた映像は、360度どの⽅向からでも⾒ることができます。

■ Laser plasma
It is well known that by creating a focal point of high-intensity laser in air, light-emitting plasma can be generated. It is possible to draw lines or surfaces by scanning the focal point rapidly using a galvano-mirror and creating multiple focal points simultaneously using an SLM. The images drawn with the emitted light can be observed from any direction, covering 360°.

■フェムト秒レーザー
従来のレーザープラズマディスプレイは、焦点でのエネルギーが強⼒すぎるため、指で触ることができませんでした。 本技術ではパルス持続時間がごく短いフェムト秒パルスレーザーを⽤いるため、⽪膚にあたってもダメージが少なく、触ることが出来ます。

■ Femtosecond Laser
It is not possible to touch conventional laser plasma displays with hands directly, as the energy at the focal point is too intense. In our technology, because a femtosecond pulse laser is used with an extremely short pulse duration, the damage is very limited even in direct contact with the skin, making it touchable.

戻る BACK
©2017-2019 Pixie Dust Technologies, Inc.