NEWS

PxDT主催のWebセミナー「リアルとデジタルを最適化するDigitally Rebalancedな働き方 –人を中心にこれからのワークプレイスを考える–」にCEO落合、ディレクター小川が登壇します

当社主催のWebセミナー「リアルとデジタルを最適化するDigitally Rebalancedな働き方 –人を中心にこれからのワークプレイスを考える–」にCEO落合、マネージング・ディレクター小川が登壇します。ゲストはVeldhoen + Companyのシニアワークスタイルコンサルタント岸田 祥子様、ワークスタイルコンサルタント生駒 一将様です。ぜひご参加ください。

■ Webセミナー概要
【タイトル】リアルとデジタルを最適化するDigitally Rebalancedな働き方
– 人を中心にこれからのワークプレイスを考える –
【日時】10月5日(水)11:00 – 12:00
【場所】オンライン(参加希望の皆さまには事前にURLをご案内いたします)
【費用】無料
【内容】コロナ禍におけるリモートワークの普及、生産性や従業員満足度向上の要望を背景に、私たちの働き方はここ数年で大きく変わりつつあります。
全員がオフィスで仕事をすることが当たり前だった時代から、オフィスと自宅をそれぞれ戦略的に活用する時代へと移行する今、オフィスの役割にも大きな変化が生じています。 そんな中、オフィスという物理的環境のみならず、ワーカーや人の「活動」という観点も踏まえて働き方・ワークプレイスを見直す方法としてActivity Based Working(以下ABW)に注目が集まっています。
本イベントでは、アカデミア発の技術を連続的に社会実装するピクシーダストテクノロジーズがABWの先駆者であるVeldhoen + Companyをお招きして、新たなワークプレイス・働き方のトレンド、ワークプレイス領域におけるソリューションついてご紹介します。

■ イベント申し込みフォーム
https://v2.nex-pro.com/campaign/46050/apply

※参加を希望される方が定員数を超えた場合抽選となりますので、あらかじめご了承ください。

登壇者情報

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役CEO 落合陽一
1987年東京都生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了(学際情報学府初の早期修了)、博士(学際情報学府)。ピクシーダストテクノロジーズ代表取締役、筑波大学デジタルネイチャー開発研究センターセンター長、准教授・JST CREST xDiversityプロジェクト研究代表。専門はHCIおよび知能化技術を用いた応用領域の探求。2009年にIPA未踏ユース事業に採択、IPA認定スーパークリエータ。一般社団法人未踏理事。受賞歴にWorld Technology Award 2015、MIT Technology Review InnovatorsUnder 35 Japan 2020 など多数。

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 マネージング・ダイレクター 小川 淳(モデレーター)
リクルートにてモバイルASP事業の立ち上げ、じゃらんにてじゃらんnet立ち上げ、グーグルジャパンにて広告営業部門の立ち上げ、KAIZEN Platformにて事業立ち上げを達成し、クックパッドでは事業の再構築を行う。2018年7月より現職。

Veldhoen + Company シニアワークスタイルコンサルタント 岸田 祥子
2019年Veldhoen + Company入社。同社日本で初めて手掛けたActivity Based Working プロジェクトのプロジェクトリーダーを務め、現在はワークプレイスや働き方に関する知識と日本企業での経験を生かし、空間、IT、チェンジマネジメントといった幅広い領域でハイブリッドワークとABW導入のためのコンサルティング・トレーニングを担当。

Veldhoen + Company ワークスタイルコンサルタント 生駒 一将
アメリカ・サンフランシスコでオフィスマネージャーを務めた後、国内でオフィス・働き方領域のコンサルティング業務に従事。現在も国内外の情報を積極的に収集・発信しながら、クライアントのABWやハイブリッドワーク戦略の構築、チェンジマネジメントトレーニングを担当する。

戻る
© Pixie Dust Technologies, Inc.